<< 2/6〜10 読売新聞夕刊に掲載していただきました! | main | 3/7 「未来美術専門学校アート科」〜春の大説明会〜 >>
2017.02.18 Saturday

2/18〜26 吹上ワンダーマップ

0

    2/18〜26「吹上ワンダーマップ」に参加します。

    http://wander-map.jp/

    ***

    FUKIAGE WANDER MAP 2017のテーマは「PLAY」
    来場者(来町者)が遊べるワンダーにしたいと考えております☆

    吹上町の歴史や文化や人を素材にしたゲーム「FUKIAGAME」の開発や、触れる事を重視した作品、体験型のワークショップのような作品、単純に遊具的な作品など、作品のアイディアはいくらでも広がると考えております。

    吹上町を素材にしたビデオゲーム(もしくはスマホゲーム)を開発するべく、一昨日からUnityというゲーム開発エンジンを触っているのですが、最初はさっぱりでしたが、徐々に仕組みが理解できてきて楽しくなってきました☆

    (うまくいかなかった一番の原因が公式のチュートリアルが現在のバージョンに対応しておらず、チュートリアルの通りに作ってもエラーが出てしまうという酷いものでした…)

    基本は単純な事の組み合わせ。その組み合わせ方・創意工夫によって様々なジャンルのゲームを創造する事が可能になる!
    今はまだ玉転ししているだけですが、基本的な構造をしっかり理解できたら対戦格闘ゲームだって0から作れてしまうかもしれません!(時間はべらぼうにかかりますが…)

    とりあえず当初考えていた「花田の餅ひっぱれゲーム」と「船木神社の舟漕ぎ祭りゲーム」は年内には実現できそうです♪
    「伊作太鼓踊りゲーム」もゲーム設計のアイディアはあるので、せっかくなら吹上の9つの地区の伝統文化や魅力をモチーフにしたミニゲーム集『FUKIAGAME 9』をFWM2017ではリリースしたいと考えております!

    そこで、FWM2017の参加アーティストにプログラマー枠を設けたいと思っております!
    僕一人で全てを実現するのは時間的にも知識的にも技術的にもほぼ不可能なので(ワンダー全体の統括もありますし…)、一緒にゲーム制作を行ってくれる方を募ります!

    C#もしくはJavaScriptが出来る方、もしくはUnityユーザーの方で企画に賛同していただける方はご連絡いただけるとありがたいです。
    (僅かではありますが、参加アーティストとして謝礼もお支払いします)
    技術的なサポートもですが吹上の魅力をどうやってゲームの中で表現するのか?のゲームプランやモチーフの選定を一緒に行っていければと考えております。

    また、ゲーム制作の知識・技術が全くなくても、吹上町の文化・伝統をモチーフにしたゲームを一緒に考えたい!という方も広く募集します!

    どうぞよろしくお願いいたします!

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    Twitter
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM